75Hzの読書ノート

ノンフィクション中心の読書メモです

読書メモ:「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

古典「イノベーションのジレンマ」を著者が(勝手に)アップデート。イエール大学准教授の著者が計量経済学を用いて、イノベーションのあり方について定量的に考察した本。

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

 

 

内容は音楽で言うなればA→B→A'のような形式で、まず序幕で背景や本書での要旨、著者の問題意識を読者と共有する。実はこの時点でほぼ解答はでているのだが、しかしそこに数字による裏付けはない。そこでBにおいて、現実の雑然としたデータから、モデルに合わせて必要な数字を抽出し、当てはめる。ここは相当噛み砕いてはいるものの、元が論文なのでかなり高度な内容も含んでいる。そしてA'の結論に至るのだが、その内容は驚くようなものではなく、Aを少しだけ厳密な表現に変えたものに過ぎない。著者も言うように、当たり前のことを当たり前にこなすのが一番むずかしいのだ。しかし、そこに数字による裏付け、モデリングがあるかないかは、とても大きな違いである。数学モデルであれば、仮想的なシミュレーションを行うこともできるし、現実が違う挙動をしたときに修正することもできる。

 

第一線の研究者が、一般向けに自身の専門分野を解説したという内容であり、それをなぜ一般読者にも伝えたいかという問題意識もはっきりしている(詳細についてについては是非本書をお読みいただきたい)。そして退屈にならないようによく構成が練られている。前にレビューした『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』に登場した「ABT形式」にも沿っており、アメリカの第一線で研究する筆者の熱量がこもった一冊である。

hz75hz.hatenablog.com

 

続きを読む

読書メモ:トラウマの現実に向き合う―ジャッジメントを手放すということ

 トラウマに遭った経験を持つ人と接するとき、人はしばしばどのように接すればいいのか戸惑う。躊躇う。被害者なのか、それともトラウマを生き延びた人なのか、強い人なのか、憐れむ対象なのか、世界の不条理を体現する人なのか。そういった態度はいずれもジャッジメント(決めつけ、評価)であり、その人の現実に向き合えていないと著者は語る。地に足のついた、トラウマに向き合うための心の在り方についての本。

なお、この本は「トラウマを体験した人」とどのように接するか、向き合うか、という点について主に援助者・治療者に向けて書かれている。何故なら、残念ながら臨床の現場において、トラウマ体験者が適切に受け止められていないケースが少なくはないのである。自分もこの本を読んで、改めて自身の臨床を振り返って恥じ入る点が多々あった。

 

続きを読む

読書メモ:いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

 

育児中なのでこういった本は気になる。評価も悪くなかったことと、序文に「本書は、実験・研究データに基づいて書かれています」と書かれていたので興味を持って読んでみた。

しかしひどいタイトルである。最近の流行りとは思うが、原題は「Zero to Five: 70 Essential Parenting Tips Based on Science」、つまり「0歳から5歳までの5年間の発達を助ける、科学的根拠に基づいた70のアドバイス」というタイトルである。この5年間が人生で最も変化が大きい時期であり、この時期に子どもに身についた学びは、その後の人生をずっと助けてくれるという考えから、筆者は「Zero to Five」というタイトルをつけた。正直この邦題のせいで手を伸ばすのを読者もいるのではないだろうか(しかし逆にこのキャッチーなタイトルのおかげで届いた読者層もいるのかもしれない)。

 

エビデンスに基づくことをウリにしているが、筆者が序文で断っているように、医学的なエビデンスの考え方と子育てとは、お互いに馴染まない点もある。医学的なエビデンスの目指すものは「厳密な実験に基づいた立証データ」である。実験の対象にはできるだけ等質な集団を用意する必要があるが、子育てにおいて、子どもをカテゴライズすることは非常に難しい。子どもの気質は成長発達段階であり、こちらの関わりによっても変化するからである。実験では介入は一律にプロトコールを遵守しなければいけないが、子育てで杓子定規なやり方を続けることはできないことは誰もが経験するだろう。他にもアウトカムが数値として測定困難、交絡因子が多すぎるといったことが挙げられるだろう。

たとえ研究結果がくり返し立証されてもなお、自分の子に該当するとは限りません。(中略)その意味では、この本は、いわば「道案内」のようなものです。よさそうだと思う道を選んだり、いまの道のままでいいのかを確認したりするのに使ってください。すべてのアドバイスに従う必要はありません。赤ちゃんが生まれたら、できるだけ肩の力を抜きましょう。p6

 

 

さて、内容だが、現実的かつ理に叶ったものが多い。

寝かしつけ、声掛け、遊び方、しつけ、といった項目毎に、シンプルにまとめられているので、さらりと流し読みできるし、困ったときに読み返しやすい。中には理想論で、家庭状況によっては到底実行は困難だろうと思う内容もあるが、それこそ筆者が書いているように、内容をすべて守る必要はなく、自分の子育てに合うものは取り入れ、合わないものは読み流すという態度でいいだろう。

 

読んでいて有用だと思ったアドバイス

新生児の赤ちゃんにも「共感」をすることが有用

赤ちゃんの立場から考えることで、長時間抱っこであやしたり、夜中にオムツを替えたりといったお世話のときのイライラが軽減します。夫はこれが得意です。泣いている娘に「悲しいんだね、かわいそうに」「赤ちゃんはつらいよね」「さあ、オムツを替えようか。オムツがきれいだと気持ちいいよね」と声を掛けるので、私もつい笑顔になりました。p173
相手の事情や心理を想像することで、こちらのイライラが軽減されるテクニックは、

読書メモ:「怒り」がスーッと消える本-「対人関係療法」の精神科医が教える - 75Hzの読書メモ でも書かれていた。赤ちゃんが本当にそんなことを考えているのか、なんてことは実は重要でなくて、相手にも事情と理由があって自分を困らせているのだ、と思うと、じゃあどうするかという現実的な対処法に気持ちが向きやすいのだ。

 

子供には生まれ持っての気質がある

いくつかの分類が紹介されているが、トーマスとチェスという研究者が報告した3つの型がわかりやすい。彼らは32年かけて140人の子どもの気質のデータを採取し、分類した(p181)。
  1. 柔軟・ラクな子ども [40%] 
  2. 短気・活発・難しい子ども [10%] 
  3. 慎重・打ち解けるのに時間がかかる子ども [15%] 
  4. その他 [35%] 
まあまあ納得感はある。実際に大事なのはこの型が本当に正しいかではなく、自分の子どもの行動・情動のパターンを知ること。そして親がそれに合わせてどうすべきかを考えることができるということだ。
子どもとの適合度が低い親が、よりよい関係を築く方法はただ一つ。親の期待とスタイルを調整し、子どもの環境を調整することです。
その通り、親が理解し合わせるしかないのだ。
 
ここから先は、本の内容で参考になったところを備忘録的にまとめた。
読んで興味を持たれたら是非本書にあたってみてほしい。
 

読書メモ:「怒り」がスーッと消える本-「対人関係療法」の精神科医が教える

 

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

 


「怒りで損なわれるのは相手の人生ではなく、自分の人生であって、相手の対処を待つというというのは相手に主導権を委ねてしまっていること」
「自分がとっさの怒りに囚われたときには、『単に自分の予定が狂ったから困ってるのだ』と考える」
「人の言いがかりは、相手の心の悲鳴」
などなど、短いながらも含蓄のある言葉が散りばめられている。

 

著者は対人関係療法の専門家でもあり、その考え方をベースにしている。そのため内容は高度なところもある。最初につまづきやすいのは、「役割期待」だろう。対人関係療法において用いられる専門用語である。人と人が交流する対人関係という場においては、お互いが相手に対して「こういう風に考えて、こう行動するものだろう」という期待を抱いている。そこに齟齬があり、自分の期待が裏切られたり、その結果として自分の予定が狂ったり被害が生じると、怒りが生じる。という考え方がベースになっている。「勝手に」「無自覚に」に抱いている期待に気づき、そのズレを修正しないと、小手先のストレス解消で怒りを抑えたとしても、怒りがくすぶりつづけてしまうのだ。

 

近年ではアンガーマネジメントのセミナーも増えているが、アンガーマネジメントがあくまでも「スキル」に特化しているのに対し、この本は、「怒りが生じた対人関係の現場において、それぞれの心に何が起きているか」に着目し、根底から怒りの意味付けを解体することを目的としている。

 

語り口は柔らかで、身近な例(夫が家事をしてくれなくてイラつく、自分のことを決めつけられてムカッとする)が多数用いられ、非常に分かりやすい。可愛らしいイラストも添えて非常に読みやすい文章なのだが、深く読むとその実かなり高度なところまで踏み込んでいることに気がつくだろう。その分、全てを書かれた通りに実行するのはかなり難しい。「こういう風に考えると、行動すると少し楽になるかも」くらいで気楽に読もう。

 

すべてを実践できないとしても、
「相手を変えようとしない」
「あなたを主語にするのでなく、あなたの行動で、私がこのように困っているというように伝える」
「自分は状況をコントロールできる、という感覚を取り戻すと、被害者から脱して怒りを手放すことができる」
といった実践的なアドバイスも多い 

臨床家のための対人関係療法入門ガイド

臨床家のための対人関係療法入門ガイド

 

 日本ではあまり対人関係療法は普及しておらず、おそらく著者の水島先生が本も多く書き第一人者だろう。こちらは医療者向けで、うつ病を主な対象疾患とした対人関係療法についての入門書。

 

日々切れ味鋭く、子育て論からインターネット上に転がるモヤモヤまでをぶった切る「斗比主閲子の姑日記」でも紹介されています。他の記事も非常に面白いです。

topisyu.hatenablog.com

読書メモ:誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性-

 

誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性

誰もが嘘をついている ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性

 

 

Google検索データ、Pornhub(世界最大のポルノサイト)の閲覧データを解析し実証した著者による本。

ベースはビッグデータ解析についての本で、他の研究も豊富に紹介されている。

アメリカに暗然と存在する人種差別について明かしたり、中絶を厳しくする法律が施行されると非合法な中絶数が増えることを示すなど、かなりヘヴィな内容も含まれるが、著者のユーモアでそこまで重くならずに読めた。

途中でちょっと非モテっぽい自虐ネタを入れたりと、アメリカのギークの雰囲気が少し伝わってくる。

結局ビッグデータで明かされるのは「ああ、そう言われてみればそうだよね」という内容も多い。
例えばセックスレスについて検索するのは女性が多い。直感には反しているかもしれないが、妻とセックスレスの夫に比べ、妻のほうが「他所で」解決するのは困難だから、それは検索数も増えるだろう。とも考えられる。

Pornhubのデータで筆者にとって「衝撃的」であったのは、男性の欲求対象として「女装した男」(検索順位77番目)、「おばあちゃん」(110番目)などがあること。そして女性によるPornhubの検索の25%は、女性がかぶる苦痛や恥辱を強調した動画であり、5%はどう有為を伴わないセックスの動画を(同サイトでは禁止されているにもかかわらず)探している。ということであった。

これは日本人にとってみれば日本の男の娘や、レディコミック、少女マンガで描かれる性ファンタジーを見れば一目瞭然でもあるだろう。

 

 

ビッグデータで明かされるのは、社会の本音であり、露悪的だと感じる人もいるだろうが、それでもこれからの時代はデータを使いながら少しずつ前進していくしかない。オバマによる道徳心や寛容さを説く演説は、各社新聞紙に絶賛されたが、その裏では人種差別的な検索が増えていた。一方で、多くのアメリカ系イスラム教徒は、スポーツヒーローであり愛国的な兵士として国を守っているという演説の後には、イスラム教徒に肯定的なキーワードをつけて検索されることが増えた、というデータは示唆に富む。

 

本の最後の章ではビッグデータ解析があまり有用でない分野(投資など)や、危険な使われ方(社会スコアなど)についても触れられており、バランスがとれた内容になっている。あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠 にも通じる内容であり、それだけビッグデータ解析がコモディティ化してきたということでもある。

 

あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠

あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠

 

 AI・ビッグデータの使い方について「数学破壊兵器(Weapons of Math Destruction)」という造語で警鐘を鳴らす本(大量破壊兵器massと数学mathをかけている)。当然だが若干内容がネガティブに寄っている。

読書メモ:ランディ・オルソン『なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術』…

 

なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術

なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術

 

 

なぜ科学はストーリーを必要としているのか。

それは人間の脳がストーリーでしか理解できないからである。

現在科学業界で標準的とされるIMRAD形式の論文はつまるところハリウッド言うところの三幕構成、つまり【Introduction → Methods Results → Discussion】で構成されている。
これは紛れもないストーリーの骨組みである。

しかしながら、科学者は、科学がストーリーの形式で人々の間を伝達されることにあまりに無自覚であり、そのコストが学生の居眠り、ワクチン問題、放置される温暖化問題として現れている。

したがってこの私、海洋生物学で教授職を得たのちに、自らそれを捨て去り20年間ハリウッドで修行してきたこのランディ・オルソンが、ストーリーの大切さを科学者どもに教示してみせようではないか。


…とまあ大まかにはこんな感じの内容である。
20年前、筆者がハリウッドに転身したときには相当先見的な視点であったことは間違いないが、最近では割とこのことに自覚的な科学者も増えているようには思う。

 

 

読みながら、村上龍が言っていた「すべての物語は穴に落ちて、そこから這い上がる」という言葉を思い出した。おそらく古今東西にこういった言葉があるのだろう。

そういう観点から見てみると、Introductionで舞台設定し、込み入ったmethodsとジャンクデータのようなresultsの藪の中に迷い込み、なんとか意味ある結果を見出して、conclusionに帰還する。これも穴に落ちて、這い上がる過程に似ている。

 

ハリウッド仕込みをアピールするだけあって、読みやすく、さらさらと読めたが、根本的に物語は人の脳内しか存在しない虚構であり、世界には意味も目的も課題もなく、科学は本来的には世界を説明し予測し制御するためのものである、ということには常に自覚的でないと危険なこともあるように思った。